YONE SHARAKU PHOTO yone sharaku

花鳥風月 写真  かちょうふうげつ

もみじ

もみじ 紅葉、黄葉、上代には モミチ と清音、黄葉、平安時代以後「紅葉」と書く例が多い、秋に木の葉が赤や黄色に変わること、 紅葉とは葉が紅色に変わることその葉が細胞の液胞中のアントシアンが増し、葉緑素が分解するためにおこる、楓、漆の葉で著明 黄葉とは葉が黄色に変わること、その葉は葉緑素が分解し黄色色素カロテノイドが残るためにおこるイチョウ・ダケカンバ等で著明、カエデ科の落葉高木の総称北半球の温帯に分布、葉は多くて掌状で、はじめ緑色、秋に赤、黄色に紅葉するが、全く葉の裂け無いもの、また紅葉しないものもある、4~5月頃、黄緑色や暗紅色の多数の小花をつけ、後に2枚の翼を持った果実をつける。
東京近辺 紅葉
もみじ

もみじ2

もみじ3

もみじ4

もみじ5

スポンサーサイト
  1. 2017/08/30(水) 19:03:34|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

バラ

バラ科バラ属 鑑賞用植物の総称、幾つかの原種をもとに19世紀以後に莫大な数の品種が作られ、世界中で栽培される、つるバラ
木バラとがあり枝にトゲのあるものが多い、落葉低木で高さ1~2メートル葉は有柄、托葉があり羽状複葉、花は大輪、小輪、一重咲、八重咲、剣咲等花色は深紅、黄、白、等で四季咲き小型ミニチュアロウーズ等極めて多彩、、花は高い香りを持ち基本型では愕 片・花弁は各5、北半球の温帯に約200種が分布花の 王 と言われる。
東京近辺 薔薇
bara1

ばら2

ばら2

ばら3

ばら4






  1. 2017/08/30(水) 11:03:48|
  2. | コメント:0

ヒガンバナ

彼岸花 石蒜せきさん 彼岸花科の多年草、日本の原風景によく見る田のあぜ、お墓地や人家近くに自生する秋の彼岸のころ30cm内外の1茎を出し頂端に赤い色の花を多数開く 花被は6片で外側に反り雌しべ、雄しべは長く突出冬の初め頃から線状の葉を出し 、翌年の春かれる有毒植物だが 鱗茎は石蒜といい薬用・糊料となる
東京都内 彼岸花とアゲハ蝶
ひがん

ひがん1

ひがん3

はがん4

ひがん4
花から花へ・・・





  1. 2017/08/22(火) 15:56:35|
  2. | コメント:0

コスモス

キク科の一年早 メキシコ原産、高さ約1.5メートルになる 葉は線状に細裂大形の頭状花を開く 赤、白、黄色、ピンク、・・ 秋桜、おおハルシャぎく、美しい秩序、それ自身のうちに秩序と調和とをもつ宇宙または世界の意味もつ・・・kosmos
東京都 秋桜と蝶
アオスジアゲハ
こすも4
ヒメアカタテハ
コスモ
ツマグロヒョウモン
こすお2
モンキチョウ
こすも3
コスモス
こすも5
秋の空、空気、風、香り、を・・






  1. 2017/08/21(月) 18:26:40|
  2. | コメント:0

サンバ

ポルトガル・ブラジル・アフリカ系は2/4拍子の速いテンポ アルゼンチン・スペイン系は6/8拍子の緩やかなリズム リズム(rhythm)
とは周期的な動き、律動詩の韻律 西洋音楽では旋律・和声と並んで基本要素の一つで、一般に音量・音高・音色と結びついてアクセントが生じ、それが周期的に現われると拍子が無くてもリズムは存在する テンポとリズムは音の共通語?
浅草雷門道り
さんb1

さんb2

さんb3

さんば4

さんば7
サンバのテンポとリズムとパワー
  1. 2017/08/18(金) 18:13:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

おどり

人は悲しいにつけ 楽しいにつけ、踊りはついてまわる 日本神話に 天の磐戸(天の岩屋戸) 天照大神が素戔嗚尊の棒状を怒り天の岩屋に籠もった為、天地が常闇となった、天児屋根命が舞ったところ天照大神が出てきて世が再び明るくなった
神楽、舞楽、白拍子、曲舞、幸若舞、能楽、地唄舞と日本中数え切れない踊りがあります。雀百まで踊り忘れずのごとく踊りましょ
高円寺 阿波踊り
odori1

awaodori2

odori3

odori4

odori5
おどる**にみる**平和なニホンがいい




  1. 2017/08/17(木) 15:06:51|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

さくらサクラ

サクラ バラ科 中國大陸・ヒマラヤにもあり日本に最も多い品種も多く古来 花王 と称し日本の 国花 とし樹皮は咳止薬 曲げ物 花は桜湯 葉は桜餅に 色の名さくらいろ  馬肉の異名 露天商など客のふりさせサクラ 桜と日本人深い繋がりがあります
東京 多摩地区
サクラ

さくら2

さくら3

さくら4


さくら5

さくら6
仲間と一緒にお弁当を楽しみ触れ合い楽しいひと時を




  1. 2017/08/10(木) 09:28:19|
  2. | コメント:0

四 季  冬

冬 陽暦による12、1、2月昼が短くて、夜が長く寒い、氷が張ったり雪が降る 今回は一年春夏秋冬と区切り季節のおもなものを挙げて年間のメモリーにしました
東京、多摩近辺
新しい光を
ゆき2
今宵のフアンタジー
3H1A3875.jpg
ゆめは遠いところまで
irumi
新春の香りを・・・
ゆき3
今年も来てくれた友達
yuki4
もうすぐ春だ飛躍
yuki6
  1. 2017/08/01(火) 18:38:32|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

kkbnk412

Author:kkbnk412
初めてのブログ。何事も挑戦。トランキーロ(スペイン語)ゆっくりと焦らず前進。有名なルノアールも70代でやっと絵が解りかけたと言い、葛飾北斎も90歳で後5年あると本物の絵描きになれると言い、人は何時も上を見ている。知識人と言えども此の地球から比べると知らないと同じで、この世には〈無限)に近い事が沢山ある。写真は言うまでもなく「光」で成り立ち順光、斜光、逆光、と色々な光があり使い方により良くも悪くも出来上がる。私は逆光が好きです。写真の原点の気がします。2017/3

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
風景 (35)
花 (29)
夜景 (20)
人 (18)
虫・蝶 (21)
野鳥 (41)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR